パニック障害になりやすい人の特徴

メンタル

パニック障害になりやすい人の特徴

 

調べるとたくさん出てきますが、パニック障害になりやすい人の特徴というのがあるらしく

 

  • まじめな人
  • 神経質な人
  • 周囲からの評価を気にする人
  • もともと恐怖心や不安感が強い人
  • 人見知り・内向的な人

 

等があげられています。

 

ひとつ言いたいのが、何でも簡単に検索して調べられる現代ですが、パニック障害のような心理的な疾患に関してはあまり調べ過ぎないほうが良いです。

基本的に不安を煽るような記事が多いので、調べれば調べるほど、出口のない道を進んでいるような気になり、最後は自分や周りを責めてパニック障害の思うつぼです。

 

パニック障害になりやすい人という括りも、あくまで「なりやすい人」であって、全く当てはまらなくてもなる人はなります。

これは、私が今勤めている病院の先生も言っていました。

 

逆に、この特徴って誰しも当てはまるのでは?大なり小なりみんなが持っている物ではないですか?

 

ただ、参考にしたいのは、全て限度を過ぎてはならないということ。

  • 自分を苦しめる程真面目過ぎる
  • 全ての事に神経質になり、疲れてしまう
  • 周囲からの評価を気にし過ぎて、自己評価を下げてしまう

 

等は良くないですよね。

パニック障害に限らず、なんでも限度を過ぎてしまう事は危険です。

 

バランスがとても大切

パニック障害は性格のせいじゃない?

 

  • パニック障害は心の病気
  • 神経質で心配性な人がなるもの
  • 気のもちよう・気のせい

 

なんて認識がまだまだ一般的でしょうか?

直接は言われなくても、遠回しにこのような事を言われた事が私もあります。

こんな風に言われると、もうその人の前では弱音が吐けなくなります。

 

暗闇が怖いよ~

気のせいだよ

 

息が苦しいよ~

思い込みだよ

死んだらどうしよう

心配し過ぎだよ

 

本当に思い込みで、気のせいだと思えたらパニック障害は完治したといえるでしょう。

思い込みだとしても、気のせいだとしても、それを自覚できないのがパニック障害の厄介なところです。

 

内科的疾患のように血液データで証明する事も、外傷のように目で見て理解してもらうこともできないので、周囲の人に理解してもらう事がとても難しい。

 

性格的な物と決めつけられるのは、自分を否定されているようでとても悲しかったです。

 

最近の研究などから、パニック障害の原因は、脳内神経伝達物質(脳内ホルモン)のバランスの乱れであることがわかってきたようです。

 

これからは、パニック障害になりやすい人の特徴を「脳内ホルモンのバランスが乱れやすい人」に認識が変わっていったらいいな。

そんな風に思った方が、自分も必要以上に劣等感を感じずにすむのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました