外食が増えることで起こる問題

生活あるある

外食が増えた事によって起こった問題

 

まず、主婦力低下という自己肯定感が下がった問題。

まあ、これはそこまで問題じゃないです。主婦力低下には慣れてきた昨今です。

 

母親から伝わる愛情の低下。

 

これはちょっと問題です。

 

家族に対する愛情表現の一つである手作りご飯。

それでなくても、仕事をしている間は家族を構えないので、せめてご飯という形で愛情は示していたいです。

家族の理解がある我が家ですが、そこまで甘える訳にはいかないので頑張りたいところです。

 

そして、今、直面している最大の問題が

 

体重・体脂肪の増加!

これは危険です。 ただちにどうにかしないといけない問題です。

 

最近、制服がキツイのです。

 

ベストのボタンがまた一つ破損しました。 もうスペアのボタンは使い切り、家にあった似ているが明らかに違うボタンで代用しています。

 

スカートのウェストの締め付けがきついです。

昼食後は血流が止まっているのを感じます。 ほおっておくと下半身が壊死しそうです。

 

”外食1回の食事(朝食、昼食、夕食)の平均カロリーは、米国成人の1日の推奨量2,000kcalの56%に相当する1,128kcalであることが判明した。”

 

こんな恐ろしい記事も発見しました。

 

しかも、外食って高脂肪・高塩分・高カロリーなので、必要な栄養素は摂れないくせにカロリー塩分だけ過剰摂取という。

恐ろしい。

こうやって肥満主婦が作られているわけですね。

 

できる主婦の方ってみなさんスリムですもんね。外食も質の良い物を取り入れてるのでしょうね。

私みたいに、とりあえずお腹を満たして、近くて安いの基準ではないのでしょう。

 

見習わねば。

 

この問題は先送りにできない問題です。

 

なぜなら、2月に健康診断があるのです。

毎年コレステロールがぎりぎり平均、なしよりのありなのですが、今回は確実になしよりのなしになる自信があります。

異常値が出ると個別で再検査の通知が配られてちょっと恥ずかしいです。

 

もう一つ深刻なのが、来年春に控えている、娘2人の卒業・入学式。

間違いなくこのままではスーツが入りません。 もともとサイズ間違いで、ジャストピッタリ余裕なしのスーツなので入らないのは間違いないです。

買い替えだけは避けたい・・・。

 

主婦力も栄養価も全て低下するのに、体脂肪だけは増加するという恐ろしい外食問題。

 

ただちに見直し、改善が必要です。 ちなみにお金的にも低下ですよね・・・。

 

本格的なダイエットは来年からにしますが、夕飯作りは明日から取り組みます。

 

ダイエット考えてる人一緒に頑張りましょう~

ダイエットおすすめアプリ あすけん

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました